FCVBの紹介

FCVBの概要

FCVBについて紹介

ごあいさつ

公益財団法人 福岡観光コンベンションビューローは福岡・九州への観光客・MICEの誘致・受入などを通じて、地域経済の活性化、人的交流の促進に貢献することを目的に活動しています。
福岡市が観光庁より「グローバルMICE戦略都市」に選定され、今後一層のリサーチ力やセールス機能を強化するため、平成26年4月に当財団の誘致部を組織強化し「Meeting Place Fukuoka(ミーティング・プレイス・フクオカ)」が発足しました。今後もこれまでに培ったネットワークやノウハウを活かし「世界No1.のおもてなし都市・福岡」実現のために、市民や企業、福岡都市圏や九州内の団体・関係機関と連携し、観光・MICEの振興に努め、福岡市の国際競争力の強化と世界レベルの都市への発展を目指してまいります。皆様の一層のご理解、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

名称 公益財団法人 福岡観光コンベンションビューロー
FUKUOKA CONVENTION & VISITORS BUREAU
設立年月日/
認可
昭和62年9月1日 国土交通省 (九州運輸局)
平成24年4月1日 公益財団法人 福岡観光コンベンションビューローに移行(認定:福岡県)
所在地 〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目11-17 福岡ビル4階
※平成26年6月23日に全ての部署が上記住所に移転しました。
電話/FAX
URL
E-mail
<観光事業部>
[TEL]092-733-5050 [FAX]092-733-5055

<誘致マネジメント部>(Meeting Place Fukuoka)
[TEL]092-733-0101 [FAX]092-733-3100
[URL] http://www.welcome-fukuoka.or.jp/
[E-mail] fcvb@welcome-fukuoka.or.jp
会長
理事長
礒山誠二 (西日本シティ銀行取締役副頭取)
中尾和毅 (西日本鉄道株式会社常任顧問)
設立目的
(定款第3条)
福岡市及び周辺地域との緊密な連携のもとに、観光客の誘致、コンベンション(国際・国内の各種会議、展示会等をいう。)の誘致等を行うことにより、福岡市における観光及びコンベンションの振興を図り、もって国際、国内観光の振興による人的交流の促進ならびに地域経済の活性化及び文化の向上に寄与することを目的とする。
賛助会員 591団体・企業 (賛助年会費1口2万円 [何口でも可] )
FCVBとの
姉妹協定
昭和41年10月4日
 ・・・ 釜山広域市観光協会と旧(社)福岡市観光協会姉妹締結
平成6年2月19日
 ・・・ シンガポール政府観光局と旧(社)福岡市観光協会姉妹締結
平成10年5月8日
 ・・・ フランスボルドー市観光協力協定締結
平成20年4月2日
 ・・・ 広州市旅遊局観光協力協定締結
平成23年2月3日
 ・・・ タイ国政府コンベンション&エキシビションビューローと
    観光コンベンション協力協定締結
組織図
定款

福岡観光コンベンションビューローは、福岡市及び周辺地域との緊密な連携のもとに、観光客の誘致、コンベンション(国際・国内の各種会議、展示会等をいう。)の誘致等を行うことにより、福岡市における観光及びコンベンションの振興を図り、もって国際、国内観光の振興による人的交流の促進並びに地域経済の活性化及び文化の向上に寄与することを目的としています。総則ほか、詳細は下記PDFよりご覧下さい。

公益財団法人福岡観光コンベンションビューロー定款.pdf

役員名簿及び評議員

平成28年度評議員・役員名簿(H28.06.21).pdf

コンベンション関連

公益財団法人 福岡観光コンベンションビューローは福岡・九州への観光客・MICEの誘致・受入などを通じて、地域経済の活性化、人的交流の促進に貢献することを目的に活動しています。
古くから国際交流の歴史を持つ福岡市は、国際コンベンションシティとしてさらなる発展を遂げています。市内には大小さまざまな会議、スポーツ、物産、文化などの催しに対応できる施設が整い、宿泊、交通機関も充実。私たちは国内外へ向けてコンベンションの誘致を行い、情報収集・発信し、新しい価値創造のサポートを行っています。

コンベンションについて

コンベンションとは「各種団体・企業の大会や会議にとどまらず、非日常的な人の集まりで、物、知識、情報が交流すること」を意味していますが、今日では情報化・国際化という社会情勢を反映してコンベンションによる「人と人との交流」が今まで以上に関心の的となりつつあります。1回のコンベンション開催は経済波及効果が莫大で、主催者や参加者の消費による直接的な経済効果から、それに関連する様々な産業に対しても間接的な経済効果を生みだします。

誘致活動

地元及び首都圏等のコンベンション関係団体・主催者等への個別訪問や、関係者の福岡視察受入を行うほか、コンベンション商談会にも参加し、福岡でのコンベンション開催に向けて積極的な誘致活動を行っています。

情報収集

地元セールス、首都圏セールス等で収集した情報をデータベース化し誘致活動に活用するとともに、コンベンション関係機関との誘致情報交換会を行っています。

開催支援

主催者に対する会場・宿泊等の相談や資料提供、各種パンフレット・物品等の提供、貸付金・助成金制度などにより福岡開催を支援いたします。

コンベンション開催サポート制度

コンベンション開催サポート総合相談窓口を設置し、主催者や事務局からのご相談に幅広く対応しております。会場予約、資料の印刷、会場設営と会議の進行、宿泊手配、お弁当の手配、アフターコンベンションの企画などの内容や条件をおうかがいし、地元企業を紹介。見積もりの取りまとめや、コンベンションスケジュールプランの作成のお手伝いを行っています。

インセンティブツアー誘致

企業が成績優秀社員を海外に派遣する報奨旅行であるインセンティブツアーは、地元への経済効果が大きいツアーであるため、韓国・中国・台湾を中心に誘致活動を進めています。

調査等

コンベンションの主催者に対する開催意向調査をはじめ、市内におけるコンベンション開催状況の調査を行い、実情の把握、分析を行っています。また、賛助会員に対しては、今後のコンベンション開催情報を掲載した「コンベンションスケジュール」を作成しホームページ上で提供しています。

観光関連

さまざまな魅力を発信する、アジアの玄関、福岡市。
古来より、アジアの玄関口として多くの人々が訪れた福岡市。自然に恵まれた名所や食材、祭り、文化などが今に受け継がれる一方、九州の中心都市そして国際交流都市として、新しい観光スポット、カルチャー、トレンドが次々に生まれています。私たちはこれらの観光資源を国内外へ積極的に発信し、福岡の魅力をさらに高めていきます。

国内観光客の誘致

各都市へ博多祇園山笠などの宣伝隊を派遣することで、福岡を代表する祭りへの観光客誘致に貢献しています。また、福岡市を紹介する各種観光宣伝印刷物を発行し、来福される皆様への観光案内に役立っています。その他にも修学旅行の誘致のため、毎年各都市の旅行会社や学校へ訪問団を派遣し「福岡」をPRしています。

海外観光展への出展及び誘致活動

韓国、中国、台湾等で開催される観光展への出展や訪問団の派遣を行い、福岡、九州への観光客誘致を行っています。このため、福岡市と民間企業が共同で観光客誘致を行う目的で組織している福岡観光プロモーション協議会の事務局を担当し、幅広い誘致活動を展開しています。

観光案内ボランティア

来福される観光客に福岡の歴史や観光施設等を専門的に案内する「観光案内ボランティア」を養成し、派遣しています。また歴史や観光施設、伝統芸能等についての研修会等を通して幅広く観光案内ができる人材を育成しています。

ウェルカムサポーター

福岡市を訪れる国内および海外からの観光客などのおもてなし活動をする「ウェルカムサポーター」を募集し、管理・教育しています。福岡市民はもとより、海外からの留学生も多く登録されており、「博多どんたく港まつり」や「博多祇園山笠」などのお祭りや、クルーズ船着地時やコンベンションの際に観光案内などに活躍していただいています。

観光サービス業従事者研修会

観光サービス業(観光タクシー、宿泊業、観光土産品関係者、観光団体等)に従事されている方を対象に、毎年研修会を実施しています。

出版物関連

広く、速く、きめ細やかに。おもてなしの心で情報発信。
歴史、自然、文化、グルメ、アート、トレンド・・・。福岡市にはさまざまな魅力があふれています。私たちは情報化時代に対応すべく、インターネット、メディア、ガイドブック、パンフレット等を通じて、それらを広く速くPRすると同時に、訪れる人を温かく迎える「おもてなしの心」で、福岡の良さを伝えています。

福岡市ってどんな街?

人口約150万人を超える政令指定都市「福岡市」は、大都市ながら山や海が間近に迫り、豊かな自然にも恵まれています。また、志賀島から出土した「漢委奴国王」の金印、7~11世紀にかけてアジアの賓客を迎えた「鴻臚館」跡などが物語るように、大陸との交流や文化の流入口として、独自の歴史と文化を育んできました。この歴史は、福岡の風土や人情あふれる街の風情、開放的な市民の気質などのかけがえのない財産となって息づいています。福岡市はこれからも「人・交流」を基本とした街づくりにより、共生し、創造する都市を目指します。
(「漢委奴国王」の金印 志賀島より出土 福岡市博物館所蔵)

福岡のPR

福岡市観光ガイドブック「ビジターズガイド」(日本語版、韓国語版、英語版、中国語版、台湾語版)、「福岡グルメ・おみやげガイドブック」を、福岡市で開催されるコンベンション参加者に提供いたします。また、ホームページを管理・運営しております。
福岡の観光スポットの地図、イベントや祭り一覧、おすすめの飲食店などを掲載した「Tomar Fukuoka(トマールふくおか)」を隔月で発行しています。観光案内所やホテル、コンベンションなどで配布し、福岡への旅行者に喜ばれています。

広報サービス

機関誌「オーシャンズ・フクオカ」を発行し、当ビューローの活動状況や福岡市で開催される各種コンベンションを、インタビュー欄あるいはコンベンションカレンダーに掲載し、広く全国にPRいたします。

福岡観光コンベンションビューローの沿革

1947年 福岡観光協会設立
1965年 社団法人 福岡市観光協会設立
1966年 釜山市観光協会と姉妹観光協会締結
1987年 財団法人 福岡コンベンションビューロー設立
1994年 シンガポール政府観光局と姉妹提携
1994年 ビューローと観光協会が合併し財団法人福岡観光コンベンションビューローとなる
1998年 フランスボルドー市と観光協力協定を締結
2001年 中世博多展開催
2008年 広州市旅遊局と観光協力協定を締結
2012年 公益財団法人 福岡観光コンベンションビューローに移行

財務状況

平成28年度事業計画.pdf

平成28年度収支予算書(損益ベース).pdf

平成28年度収支予算書及び内訳表(損益ベース).pdf

平成27年度事業報告.pdf

平成27年度貸借対照表.pdf

平成27年度正味財産増減計算書.pdf

平成27年度財産目録.pdf


facebook
コンベンションスケジュール
youtubeチャンネル

会員企業検索 会員企業検索 会員企業検索
賛助会員ログイン
賛助会員募集中