福岡の魅力

福岡へのアクセス

福岡へのアクセスについて

福岡は空港に地下鉄が直結しており、都心部まで10分と世界的にもアクセスに優れた都市です。世界中の方々から移動が大変容易であると高い評価を得ています。

2,000km圏内に東アジアの主要都市が存在する福岡は、海外からの直行便が多く、東アジアで日帰り国際会議が開催できる唯一の都市です。この地の利を活かし、2008年には、太宰府市の九州国立博物館を会場として、歴史的な「日中韓首脳会議」が開催される等、アジア太平洋地域の重要なミーティングが数多く開催されています。
また、国際ハブ空港との接続の良さから、欧米の各都市間のアクセスもスムーズです。

海外からのアクセス

【福岡市の利点】
1.福岡~ソウル1時間、福岡~上海1時間40分、台北2時間と地理的にアジア各国から近く、日本各地からも同程度の時間で移動できるため、参加者が集まりやすい。

2.韓国、中国、東南アジアからの直行便も多く、欧米からの参加者はアジアの各都市または成田を経由すれば容易に福岡に来ることができる。

3.2016年5月にフィンランド航空ヘルシンキ直行便が就航し、ヨーロッパ各地からのアクセスが大幅に便利になる。

国際線 飛行機(272便/週)
都市 所要時間(便数/週)
ソウル 1h 20m(70)
プサン 55m(42)
上海 1h 40m(42)
北京(経由含む) 4h 25m(14)
大連 2h 00m(7)
広州 3h 20m(3)
南京 2h 15m(3)
成都(経由) 5h 45m(3)
高雄 3h 00m(5)
青島(経由) 2h 20m(7)
武漢(経由) 4h 30m(7)
台北(経由含む) 2h 40m(28)
香港(経由含む) 3h 55m(21)
マニラ 3h 35m(7)
バンコク(経由含む) 5h 55m(14)
シンガポール(経由含む) 6h 35m(14)
ハノイ 4h 55m(4)
ホーチミン 5h 25m(2)
グアム 3h 45m(7)
ホノルル 7h 50m(7)
ヘルシンキ(夏期) 10h 30m(3)
国内参加者のアクセス

国内の参加者は、25空港(2014年2月現在)から福岡への直行便が利用可能で、また、羽田・福岡間の便数は一日112便もあり、非常に便利です。

福岡への直行便が利用可能な25空港
東京(112便/日) 札幌、小松、名古屋小牧、松山、対馬、宮崎
成田(22便/日) 仙台、信州まつもと、大阪伊丹、徳島、福江、鹿児島
名古屋中部(24便/日) 新潟、富士山静岡、出雲、高知、天草、沖縄
関西(20便/日) いわて花巻、屋久島、奄美大島
主な交通
【空路】 福岡空港ビルディング
成田(22便/日) JR西日本(本州方面)
JR九州(九州内)
名古屋中部(24便/日) <国際航路>
 釜山航路(国際ターミナルー釜山)
 ジェットフォイル(2時間55分)
 フェリー(約6時間)
<国内航路>
 壱岐対馬航路(博多埠頭ー壱岐、対馬)
 五島航路(博多埠頭ー福江)
 沖縄航路(香椎パークポートー那覇)
<福岡市営渡船>
 博多:志賀島航路(博多埠頭ー西戸崎、大岳、志賀島)
 能古:姪浜航路(姪浜客船待合所ー能古島)
 玄海島:博多航路(博多埠頭ー玄海島)
 小呂島:姪浜航路(姪浜客船待合所ー小呂島)
<博多湾クルーズ>
 マリエラ
九州各地からのアクセス

JR九州の特急や高速道路で九州各地へアクセスが容易!1日あれば縦横無尽に楽しめます。
九州新幹線、「博多駅~鹿児島中央駅」が約1時間20分!

福岡空港から中心部へのアクセス

福岡空港から地下鉄で博多駅へ5分、天神へ11分と都心部へわずか10分程度で到着。主要都市部分もほとんど20分以内で移動できます。

福岡を拠点とした交通アクセス
地下鉄 福岡市営地下鉄
バス 西鉄バス
電車 JR九州
西鉄電車
福岡市マップ

facebook
コンベンションスケジュール
youtubeチャンネル

会員企業検索 会員企業検索 会員企業検索
賛助会員ログイン
賛助会員募集中