福岡の魅力

福岡市の魅力

福岡市の魅力について

コンパクトな都市構造

空港から市の中心部まで地下鉄でわずか10分で行くことができる都市は、日本全国、世界の都市を見渡してもここ福岡だけです。また、地下鉄や路線バスを利用すれば、中心部からほとんどの市内観光スポットに20分以内で移動ができ、会議期間中に自由行動をする参加者の方々にも自由に気軽に、市内散策を楽しんでいただけます。九州最大のコンベンションゾーンや会議施設も都心もしくは都心近くに位置しており、短時間で移動可能です。

豊かな食文化

福岡の鮮魚市場の水揚げ高は日本有数で、目の前の玄界灘で獲れた新鮮でおいしい魚を毎日味わうことができます。また、全国的にも有名な 博多(長浜)ラーメンを、博多弁が飛び交う屋台で食べるのも楽しみのひとつです。同じ麺類になりますが、福岡が日本のうどん発祥の地で あることを皆さんはご存知でしょうか。博多区にある承天寺に、日本におけるうどん・そばの発祥の地という石碑が残っています。 さらに、福岡は世界中の様々な料理を楽しむことができるグルメの街であり、必ず国内外の参加者を満足させてくれることでしょう。

伝統がいきづく街

福岡市は現代的な都市ですが、歴史的・文化的なお祭りや施設は大事に受け継がれています。毎年7月に行われる770年以上の伝統を誇る 「博多祇園山笠」は、博多の男たちの神聖なお祭りとして全国に知られています。博多祇園山笠の拠点となっている「櫛田神社」のある 博多区内には、伝統と由緒あるお寺がいくつも存在しており、博多の歴史を垣間見ることができる地区となっております。

お祭り好きで開放的な博多っ子

福岡では一年を通してお祭りやイベントが開催されています。5月のゴールデンウィーク期間中全国一の賑わいをみせる「博多どんたく」、 9月にアジア各国の文化や芸術を1ヶ月かけて紹介する「アジアンパーティー」など、福岡市民はお祭り好きで、訪れる人々からは開放的で フレンドリーだと言われています。この博多っ子のフレンドリーさは、会議で福岡市を訪れる参加者から他都市ではみられない気質であると 大変喜ばれています。

海外のメディアでも注目されているQ.O.L(Quality of Life)都市 福岡市

福岡市は古くから大陸文化の受け入れ窓口として、また国際商業都市として栄えてきた都市で、名実ともにアジアの交流拠点都市として発展しています。 Asia Week誌にてアジアで最も生活しやすい都市の1位に1997年、1999年、2000年と3回選ばれ、さらに、2006年7月に発行されたNews Week誌においては、世界で最もホットな都市(急成長を遂げている都市)ベスト10に、ミュンヘンやラスベガスなどと共に選ばれました。これは福岡市が、アジアのみならず、世界的にも注目されてきた証です。
最近では、英国のハイクオリティなライフスタイル情報誌「MONOCLE(モノクル)」では、福岡が「世界で最も住みよい都市 25選」に毎年ランクイン。 2008年の17位から毎年順位を上げ、2014年にトップ10にランクイン、そして2016年は過去最高位の7位となりました。(日本の都市では1位に東京、京都が9位にランクイン)こうした福岡に対する評価の理由は、ショッピングや食文化の質の高さ、交通アクセスの良さに加えwi-fi環境の整備や公園の美化など、環境への配慮や住みやすい町づくりに対する官民一体の積極的なとりくみ、今後の成長に対する期待も評価されたようです。

◎関連記事:モノクル誌「世界で最も住みやすい都市」で福岡市が7位にランクイン!

国際会議開催件数が全国でも上位の実績と実力

国際会議開催件数&順位推移(JINTO調べ)


JINTO
博多駅前2丁目交差点付近の事故の復旧について
facebook
コンベンションスケジュール
youtubeチャンネル

会員企業検索 会員企業検索 会員企業検索
賛助会員ログイン
賛助会員募集中