福岡の魅力

福岡のイベント・行事・お祭

主な年間行事

博多っ子の祭り好きは、つとに知られているところ。
これも、九州の玄関口、商業の中心地として発展してきた福岡の歴史が長年培ってきた開放的な気質のせいでしょうか。
勇壮で華やかな博多の祭りの数々、博多っ子の気分になってお楽しみください。
1月
3日
玉せせり
筥崎宮(東区)
玉せせり

日本三大八幡宮の一つといわれる筥崎宮で、1月3日の正午すぎから行われる年占いの神事です。
直径約30センチの陰陽2つの玉を清め、祭典を行ったあと、陽の玉を裸の少年たちに渡して玉せせりがスタート。やがて玉は、浜部側と岡部側に分かれた青年たちに渡り、激しい争奪戦が繰り広げられます。
寒中に青年たちに浴びせかけられる水は、熱気で湯気となり、勇壮そのものの祭りです。玉は最後に楼門で神官の手に納まりますが、浜部側が勝てば豊漁、岡部側が勝てば豊作になると言われています。
●筥崎宮 TEL(092)641-7431

7日
うそ替え・鬼すべ
太宰府天満宮(太宰府市)
うそ替え・鬼すべ

1月7日午後7時頃から、太宰府天満宮で行われる神事がうそ替えです。
天神さまの使いであるうそ(鷽)を形どった木製の「木うそ」を手に集まってきた人々が、「かえましょ、かえましょ」と言いながら互いに木うそを交換しあい、中に紛れこんだ神官の持つ「金のうそ」を手に入れようというもので、金のうそを手に入れた人は、1年間の幸福を得るといいます。
鬼すべは、うそ替えの後、午後9時頃から行われるもので、鬼を追い払う追儺祭や節分の豆まきと同じ意味を持ちます。鬼が鬼すべ堂にこもると、堂の外に置かれた藁と青松葉に火がつけられ、「くすべ方」が鬼をいぶし出そうと大団扇で黒煉をあおぎこみ、「警固方」はこれに対して鬼を救うべく、テン棒(木槌)で板壁を打ち破ります。火と煙の中の攻防戦は、日本三大火祭りの一つに数えられています。
●太宰府天満宮 TEL(092)922-8225

8~11日
十日恵比須大祭
十日恵比須神社(博多区)
十日恵比須大祭

商売繁盛、五穀豊穣を祈って行われる祭りです。
神社入口から境内までぎっしりと露店が並び、縁起ものの福笹や打ち出の小槌などが売られます。
8日の初恵比須から吉例福引が、9日の宵恵比須午後3時ごろには、あでやかな着物姿の芸者さんたちの徒歩詣りもあります。
4日間、参詣客の人波が絶えません。
●十日恵比須神社 TEL(092)651-1563

2月
3日
節分祭
櫛田神社・東長寺ほか
節分祭

江戸時代末期から伝わる節分大祭でその年の悪運を払うため、櫛田神社には多くの参拝者が詰めかけます。
門前に置かれた日本最大のお多福面の口をくぐると福を招くと言われており、境内では、裃(かみしも)姿の年男や年女、知名士が豆やお菓子や賞品の入った袋をまきます。子どもだけでなく大人も楽しみながら豆を掴むため必死に手を伸ばします。
櫛田神社からちょうど5分歩いたところにある東長寺でも、節分祭が行われます。
境内に特設された豆まき舞台にお多福や七福神が登場し、「鬼は外!福は内!」の威勢のいい掛け声が響きます。中には豆だけでなく、キャンディや紅白餅、果物までもがまかれることもあり、希望者は申し込み後5,000円を納めれば豆をまくこともできます。入場は無料です。

3月
第1日曜
曲水の宴
太宰府天満宮(太宰府市)
曲水の宴

「太宰府天満宮の」神事のひとつ「曲水の宴」。菅原道真をしのんで、毎年3月最初の日曜日に開催されます。
958年大宰大弐小野好古が始めたと伝えられており、曲水の庭にて人工的に造られた小川に盃を浮かべ、流れてくる盃が自分の前を通りすぎないうちに詩歌をつくり、盃を戴く平安時代の宮中行事を再現する祭事です。
●太宰府天満宮 TEL(092)922-8225

第1日曜
プロ野球開幕
福岡ヤフオク!ドーム(中央区)
節分祭

下旬
福岡城桜まつり(おおほりまつり)
福岡城跡/舞靍公園(中央区)
節分祭

5月
3~4日
博多どんたく
明治通りどんたく広場及び市内各所
博多どんたく

「ぼんちかわいや…」の唄が絶え間なく響く中、歌や踊り、芸の披露で福博の街中が賑わう芸どころ博多ならではの祭りです。
平安朝のころ、正月に神を迎えた門松をはやして自他を祝福した「松囃子」に端を発するといわれ、これは三福神、稚児、囃しを含む「通りもん」などから成っていましたが、このうち誰でも参加できる「通りもん」が時代とともに発展して、無礼講の庶民の祭りとなりました。「どんたく」の名は、オランダ語の「Zontag」(休日)から来ており、明治時代に、一時禁止されていた松囃子を復活させた際に呼ばれ始めたものです。
現在、「市民の祭り博多どんたく港まつり」となったこの祭り、2日の前夜祭に始まって、3日と4日は呉服町から天神までのコースを約200団体、約 20,000人のどんたく隊パレードが練り歩き、各所に設置された演舞台で約400団体、約16,000人が各人各様の芸を披露します。
●福岡市民の祭り振興会 TEL(092)441-1170

7月
1~15日
博多祇園山笠
櫛田神社、市内各所
博多祇園山笠

博多の夏は山笠で幕が開きます。7月1日には、市内各所に博多人形師たちが腕をふるった絢爛豪華な飾り山笠が立ち並び、山笠を舁(か)く男たちも、祭り本番を迎えて足馴らしを始めます。 鎌倉時代に始まったといわれる山笠は、昔は飾り山笠と舁き山笠の区別はなく、50尺余りの飾り山をそのままかくものでしたが、電線などの障害物が増えてきたため次第に低くなり、明治末から飾り山笠と舁き山笠に分離しました。それでも舁き山笠の総重量は約1トン。これを約300人の男たちが交代しながらかついで、約5キロのコースでスピードを競います。 山笠のクライマックスは、15日午前4時59分にスタートする「追い山笠」。オッショイ、オッショイのかけ声で、7つの山笠が次々と櫛田入りし、早朝の街へとかけ出していきます。沿道からは勢い水と声援が絶え間なく飛びかい、街全体が興奮のるつぼと化します。
また2016年11月には、博多祇園山笠を含む日本全国の33の祭り(九州では5つ)が「山・鉾・屋台行事」として、正式にユネスコ無形文化遺産に登録されました
●櫛田神社 TEL(092)291-2951    ※祇園の「祇」は「示に氏」

■博多祇園山笠スケジュール

1日 飾り山笠一般公開
当番町“お汐井とり”(筥崎浜 夕刻)
9日 各流れ“お汐井とり”(筥崎浜 夕刻)
10日 流れ舁き(初めて舁き山笠が動きます。夕刻~)
11日 朝山(夜明け前)
他流れ舁き(夕刻~)
12日 追い山ならし
(15日の追い山笠の予行練習で若干短いコースを走ります。15:59~)
13日 集団山見せ(15:30~)舁き山笠が博多部から福岡部へ入ります。
14日 流れ舁き(夕刻~)流れによっては、15日の追い山笠に向け完全休養のところもあります。
15日 追い山笠(4:59~)
8月
1日
西日本大濠花火大会
大濠公園
西日本大濠花火大会

都心の夜空を七色の光と音が彩る福岡市の西日本大濠花火大会。
昭和25年に始まったこの花火大会は福岡の夏の風物詩としてすっかり定着。
大濠公園は市中心部にあり、花火が打ちあがるたび周辺のビルやマンションにこだまし、その音は市内一円にまで響き渡る迫力です。また、夜空いっぱいにひろがる色とりどりの華麗な光の競演は、夏の暑さを一時忘れさせてくれるようです。
●西日本新聞社 TEL(092)711-5506

9月-11月
アジアンパーティー
大濠公園
アジアンパーティー

「福岡アジア文化賞」「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」「FUKUOKA ASIAN PARTY」の三つのイベントが開催されます。

●福岡市コンテンツ部コンテンツ振興課 TEL(092)711-4329

9月
12~18日
放生会
筥崎宮
放生会

福岡では「梨も柿も放生会(ほうじょうや)」といい、この祭りを迎えると秋の味覚が出回りはじめます。
仏教の殺生戒に基づいて鳥や魚を自然に帰す法会で、境内ではハトや鯉を放す放生神事が行なわれます。参道には、数多くの露店や見世物小屋が立ち並び、連日たくさんの人出でにぎわいます。
●筥崎宮 TEL(092)641-7431

10月
上旬
中洲まつり
中洲
中洲まつり

博多情緒豊かな歓楽街として全国的に有名な中洲の祭りです。中洲祭りの名物「中洲國廣女みこし」が華やかに中洲の街を練り歩きます。またカラオケ大会などいろんなイベントも開催されます。
●中洲まつり実行委員会 TEL(092)272-1440

11月
中旬
大相撲九州場所
福岡国際センター
大相撲九州場所

1957年に九州巡業が九州場所へと本場所に昇格しました。1981年からは国際センターに会場を移し、開催期間中には多くの相撲部屋が市内のいたるところに滞在します。


facebook
コンベンションスケジュール
youtubeチャンネル

会員企業検索 会員企業検索 会員企業検索
賛助会員ログイン
賛助会員募集中