• HOME
  • イベント
  • 「紫外光材料およびデバイスに関する国際ワークショップ」の開催について

イベント

イベント

「紫外光材料およびデバイスに関する国際ワークショップ」の開催について

at 2017/10/17
⻘・⽩⾊LEDの発明で2014年ノーベル物理学賞を受賞された天野浩・教授(名古屋⼤学)および科研費「新学術領域〜特異構造の結晶科学〜」の領域代表である藤岡洋・教授(東京⼤学)が組織委員⻑を務める『紫外光材料およびデバイスに関する国際ワークショップ』が2017年11⽉14⽇(⽕)から18⽇(⼟)の期間に九州⼤学医学部百年講堂に於いて開催されます。紫外発光素⼦は、天野教授が、⻘⾊LEDを発明後、20年近くにわたって研究を推進している対象素⼦であり、現在は世界中でその研究開発が活発に⾏われています。本国際ワークショップでは、当該分野で世界的に著名な研究者を集結し、医療やバイオテクノロジーなどへの応⽤を⽬指した最先端な研究に関する議論が展開される予定です。また、会議に先⽴ち⼩・中学⽣向けの理科教室「ひかりのかがく(講師:荒⽊努・教授、⽴命館⼤学)」を開催する予定です。
 藤岡 洋・教授
組織委員長:天野 浩・教授(左)、藤岡 洋・教授(右)

1.理科教室「ひかりのかがく」
⽇ 時:2017年11⽉14⽇(⽕)17:30〜18:30(開場17:00)
場 所:福岡市東区⾺出3-1-1 九州⼤学医学部百年講堂
主 催:科研費「新学術領域〜特異構造の結晶科学〜」
講 師:荒⽊努・教授(⽴命館⼤学)
対 象:⼩・中学⽣(⼩学⽣は保護者同伴でお願いいたします)
定 員:25名(先着順)
参加費:無料
申込⽅法:school@iwumd.jp宛てにE-mailにてお申込みください。
(参加を希望される⼩・中学⽣の学年とお名前をご連絡ください。)
講師:荒木 努・教授

2.国際ワークショップ(International Workshop on UV Materials and Devices 2017)
⽇ 時:2017年11⽉14⽇(⽕)13:00〜18⽇(⼟)16:30(予定)
場 所:福岡市東区⾺出3-1-1 九州⼤学医学部百年講堂
主 催:科研費「新学術領域〜特異構造の結晶科学〜」
共 催:九州⼤学応⽤⼒学研究所、応⽤物理学会、⽇本結晶成⻑学会、⽇本学術振興会「結晶成⻑の技術と科学」第161委員会、「ワイドギャップ半導体光・電⼦デバイス」第162委員会
対 象:関連研究者・技術者向け
使⽤⾔語:英語
参加申込:ウェブページ(http://www.iwumd.jp/)をご覧ください。

《お問い合わせ先》
IWUMD 2017 現地実⾏委員⻑
寒川(かんがわ)義裕(九州⼤学 応⽤⼒学研究所・教授)
TEL: 092-583-7756 (直通)



facebook
コンベンションスケジュール
youtubeチャンネル

会員企業検索 会員企業検索 会員企業検索
賛助会員ログイン
賛助会員募集中