• HOME
  • 会員PR情報
  • 田川市石炭・歴史博物館「国指定史跡記念の筑豊炭田遺跡群リレー講座」開催

会員PR情報

会員PR情報

田川市石炭・歴史博物館「国指定史跡記念の筑豊炭田遺跡群リレー講座」開催

期間は終了しました
11441_20181122052543.jpg 11441_20181122052543_2.jpg

田川市石炭・歴史博物館「国指定史跡記念の筑豊炭田遺跡群リレー講座」開催

平成30年10月15日、筑豊炭田遺跡群(三井田川鉱業所伊田抗跡、目尾炭坑跡、旧筑豊石炭鉱業組合直方会議所及び救護練習所模擬坑道)が国史跡に指定されたことを記念し、公開講座(無料)が開催されます。
<田川市会場>
【開催日】12月15日(土)
【開催時間】13時30分〜15時30分
【開催場所】田川市民会館
 *住所:田川市大字伊田2550−1 
*TEL:0947−44−5110
【入場料】無料
【駐車場】有り
尚、飯塚市(1/19)、直方市(2/16)でも開催されます。

田川市では、石炭記念公園を中心とした「旧三井田川鉱業所伊田坑跡」が、筑豊炭田遺跡群として指定されました。
その特徴である「旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓」は、地底から人や石炭等を運ぶためのケージ(かご)を昇降させるためのものです。1909年(明治42年)に作られ、高さ28.4mあります。鋼材はイギリスから輸入されており、グレンガーコックスチールやグラスゴー、スコットランドなど複数のメーカーの刻印が確認できます。
同じく「旧三井田川鉱業所伊田竪坑 第一・第二煙突」は、1908年(明治41年)に蒸気汽缶の排煙用として作られました。高さは45.45mあり、使用されている耐火煉瓦(レンガ)は約213,000枚で、一部国産煉瓦が使用されているものの、多くはドイツ製の煉瓦と言われています。
また、炭坑節にも登場するお月さんを煙たがらせたこの二本煙突ですが、ステージ側の煙突は途中(上下)で煉瓦の積み方が変わっています。どこで変わっているのか探してみてください。
『2個所とも毎日ライトアップされています。(冬期で17:30〜22:00)』



詳細はこちら



お問い合わせ先
【お問い合わせ先/お申し込み先】
田川市石炭・歴史博物館
TEL:0947−44−5745


主催者
共同主催
筑豊近代遺産研究会(主管)
田川市教育委員会・飯塚市教育委員会・直方市教育委員会



facebook
コンベンションスケジュール
youtubeチャンネル

会員企業検索 会員企業検索 会員企業検索
賛助会員ログイン
賛助会員募集中